スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例大祭お疲れさまでした!

例大祭お疲れさまでした!&スペースに来てくださった方ありがとうございました!
hyoushitwitter.png
イベント前にブログで告知するのを忘れておりました・・・・。
というわけで新刊、こいしちゃんの絵本が出てました!
通販もさせて頂いておりますので、よろしければご利用くださいませ!
通販ページ
今回の新刊はお花の香りのサシェの入った箱の中で一緒に当日まで保管していたため、本に香りが移っております。
本自体に香料を塗っているわけではないので、通販でお手元に届く頃にはもう消えてしまっているかな?
もしかしたらまだほのかに香る・・・かも?

ところで今回の原稿中、普段ツイ廃すぎてこのままじゃ脱稿できないと思い、
一時的にツイッターを退会しておりました。退会中コメントとかラインとかしてくださった方ご心配をおかけしまして
すみませんでした!おかげで新刊は無事に出せたので良かったです!

以下おまけのイラストとか今回の本のあとがきをだらだら綴ったり。
satokoitw.png
こういうあとがきのようなものを毎回ツイートやブログで書いてしまっているのですが、
基本的に私の本は表紙から裏表紙までが一貫して「一つの幻想郷の世界」としているので、
世界観に不要な「外の世界」の情報…つまりあとがきというものを本文に載せられずにいます。
(奥付もできるだけ本の雰囲気に合わせてその世界の中の背景に紛れ込んでる看板みたいな感じにしたいなと思っています。)
しかしながら自分の本はあくまでイラストに文字が添えられているだけなので、分かりにくい部分も多く不親切
になってるような気がするし、何より自己満足に語りたい!と思う事もあるので書いてみます。笑

今回のこいしちゃんのお話はかなり前…それこそこいしちゃんが好きで描きまくってた4年くらい前から
ふんわり書きたいイメージはあったので過去に自分が描いたイラストのリメイクも兼ねて作ってみました。
27834759_p17.jpg 27235134_p0.jpg
37093475_p19_master1200.jpg 32689235_p50_master1200.jpg
54477230_p17.jpg
・・・なんかめっちゃ古いのとかありますが、この辺のらくがきとかです。

こいしちゃんって地上をふらふら~っとお散歩していて誰にも気付かれないんだけど、
通り過ぎた後にはそれまで通ってきたお花畑だとか森の中だとかの香りをふわっと残してまた消えるイメージがあります。
無意識の中にいるこいしちゃんにそういうことってありえないのかもしれないけど、深秘録では割と普通にみんなと
会話できてたのでまあそんなこともあるよね・・・。
そんな地上の香りのお土産を地底のさとり様にも届けてほしいな。そんな意味も含めて本にも残り香を置いたつもりでした。
あとこいしちゃんって、他人のお庭に勝手にお邪魔してそうじゃないですか??
しかも庭主の午後のティータイムだとかおやつタイムのお菓子を一つくすねていそう・・・。
なので今回の本に出てきた子達は「お花のお庭がありそうなとこにいる子」「お花の世話してそうな子」をチョイスしました!
紅魔館のページでは咲夜さんじゃなくて美鈴なのはお庭のお手入れしてるって設定があったので!
美鈴大好きなので今回の本で出せて良かったです!如雨露で虹色弾幕作る美鈴!!

数年前に「もしも漫画が描けたら、”死んでしまったものは冥界に行く”と知ったこいしちゃんが白玉楼に心を探しに行って
幽々子様の今日のおやつをくすねて妖夢があたふたする話を描きたい」と思って今日までそのネタを
取っておいたのですがとうとう私には漫画が描けなかったので、今回の妖夢のページにはそういう経緯があったりします。

タイトルはそのまま「こいし」と「小石」、「目」と「芽」です。
こいしちゃんが埋めたのは、誰にも気付かれずに咲かない小石なのか、眠っているだけで
いつかはもう一度芽吹く種なのか。
あの本文中にも「埋めたもの」があるので探してみてください。

大好きなこいしちゃんの本がやっと作れて本当に楽しかったので長々と語ってしまいました。
もしこの恥ずかしい文章を読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント


↑創作とsh絵のおうち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。